スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

フリーランスで働く上での心構え

  働き方が多様化する中で、伝統的な働き方に対して、比較的自由な働き方をする人が増えました。既存の枠組みや働き方ではなかなか力を発揮できなかった人たちがフリーランスとして働き、収入を得るケースも多くみられます。 私は正社員としての働き方が自分と合わず、さらには対面でのコミュニケーションが苦手で困窮していましたが、新しい働き方を見つけ現在フリーランスとして活躍し現在は月収が 50 万円以上になっています。   自己紹介 私はもともと精神的な障害があって、引きこもりでした。 それでも学校を卒業後、正社員として働いていましたが、そこでパワハラを受けて、対面での人付き合いができなくなってしまいました。 このような状態で収入を得るには、在宅のフリーランスしかないなと考えました。 特に人との対面で起こる問題に耐えられないということと、規定のルールに縛られなければならない正社員という働き方が自分に合っていないという考えが強かったため、なんとか在宅のフリーランスとして働けないかと色々な方法を模索しました。 現在でもフリーランスとして規定のルールに従ってはいますが、正社員の時と比べると圧倒的に時間的にも金銭的にも、そして人間関係においても自由です。   現在の仕事 現在の仕事は主にデータ入力と英語の仕事をしています。 英語の仕事の求人数に対して、英語ができる人の数は圧倒的に多いのですが、私が今英語の仕事ができているのは、ちゃんと英語が使えるのはもちろんのこと、誰よりも丁寧な対応を心がけていることに起因すると思います。クライアントとのやり取りを含め、私が発する言葉は全て最も丁寧な表現になるように心がけています。 もちろん、良いタイミングで良い場所にいたという運の要素もありますが、この丁寧さが、差別化につながっているのではないかと考えています。また、フリーランスとしての仕事や案件は毎日探してアンテナを張っています。   フリーランサーとしての心構え フリーランサーとしての心構えとしては、まず勘違いしている人が多いのですが、フリーランスにはフリーランスの適性があるため、正社員がダメだから、合わないからという消極的な理由でフリーランスとして働こうとするのはオススメしません。自分の能力を吟味した結果、フリーランスが向いているなとい

最新の投稿

テラスインターナショナル Personalized Internet Assessor Japan試験の合格方法